クレジットカード決済を導入するべきか?

クレジットカード決済を導入するべきか?

この質問の答えは簡単で、導入するべきです。

なぜなら、一定数のお客さんがクレジットカード決済を好むからです。

実際に僕のクライアントの声を聞いても、導入したら半分くらいのお客さんがクレジット決済に切り替えるらしいです。

中には、クレジットカード決済があるからそのお店を選んだという人もいます。

お客さん側からすると、どうせ同じ金額を払うならマイルが貯まるなど利点が多いクレジットカードを使いたいということらしいです。

この手のタイプの人は、クレジットカード決済を導入していないお店は自動的に選ばないので、導入していな時点で経営上不利になってしまいます。

「クレジットカードのあるなしで選ぶ人になんて来てほしくない。ちゃんとサービスに価値を感じてくれる人だけが来てくれればいい」という経営者のかたもいると思います。

それはそれで間違っているとは言いませんが、クレジットカード決済を導入していないだけで、あなたのサービスの良し悪しを感じてもらえる土俵にすら立てないんです。

それって、凄くもったいないことだと思いませんか?

ということで、僕は問答無用でクレジットカード決済の導入をオススメしています。

クレジットカード決済を導入するメリット

客単価が上がる

これは、実際にクライアントの話を聞くまでは盲点だったんですが、クレジットカード決済を導入するだけで客単価が上がります。

なぜかというと、現金で払う人よりも、金銭感覚が麻痺していて、多少高い金額のメニューでも選んでくれるかららしいです。

確かに僕もネットショッピングをする時は、金銭感覚が麻痺していて、買わなくていいものまで買ってしまうということが結構ある気がします。

当然、売り上げが上がります

これが最大のメリットでしょう。

先ほど書いた通り、クレジットカードを使いたい人を呼び込めるのもそうなんですが、現金の持ち合わせを気にしなくていいので、給料日前でも普通に通ってくれる人が増えるらしいです。

僕自身は、独立するまでずっと実家暮らしだったので、給料日って気にしたことが無かったんですよね。

「給料日まで食費を切り詰めなきゃ…」って言いながら、毎日タバコ1箱を吸っている同僚の気持ちが全く理解できませんでした(笑)

こういう人って結局はお金がまわらなくなるイメージがありますが、女性がターゲットの場合、エステやネイルなどの美容系は優先度が高いので、意外と安定して通い続けてくれると聞きます。

クレジットカード決済を導入するデメリット

利益が減る

決済1回毎の手数料は数百円かもしれませんが、積もれば大きくなります。

例えば、クレジットカード利用手数料4%で月商が100万円のお店だったら、毎月4万円も払わないといけません。

もちろん、メリットで書いた通り、その売上げ100万円のうち、クレジットカード決済があるからということで売り上がった売り上げもあると思うので、単純に支払金額だけを見ても意味がありません。

理屈では理解していても、感情が抑えられないのが人間というものですが、手数料に関しては、どうしようもないことなので、そういうものだと思って割り切りましょう。

トラブルが起きる可能性がある

ネット回線のトラブルで決済システムに繋がらなくなったり、決済が受理されなくて未払いになったりという、現金支払いでは起きないようなトラブルが稀に起きます。

事前にこちらの準備次第でリスクを減らせるトラブルなら良いんですが、そうでもないトラブルも多いので、心の準備をしておきましょう。

クレジットカード決済導入時の注意点

審査に落ちることがある

個人のクレジットカードの審査と同様に、決済システムの導入でも審査で落ちることが普通にあります。

例のごとく、なぜ落ちたのかは教えてくれません。

職業によって嫌われていたり、法人にしていなかったり、本人がブラックリストに載っていたり、理由は様々だと思います。

JCB決済は審査が厳しい

VISAとMasterとAMEXは審査に通りやすいみたいですが、JCBは通りづらいみたいです。

実際に色々なお店のホームページを見ても、JCBだけ対応していないというお店をよく見かけます。

根気強く審査に出していたら、ある月にいきなり審査に通ったという話も聞きますので、めげずに出しましょう。

オススメのクレジットカード決済会社

オススメというよりは、最近グイグイ頭角を現している決済システム2社を紹介します。

Square(https://squareup.com/jp)

Square(スクエア)

楽天スマートペイ(https://smartpay.rakuten.co.jp/)

楽天スマートペイ

Squareリーダーはローソンでも取り扱っているくらいメジャーな商品なので、これからはモバイル決済が主流になっていくんだろうなと思います。

どちらがいいといかはなくて、手数料や出来ることなどが微妙に違うので、あなたの用途に合ったほうを選べばいいと思います。

自分がお店でお金を払う時は現金にすべき

完全に余談ですが、僕は自分がお店でお金を払う時は、現金で払うことを意識しています。

高額を支払うとわかっている時は、あらかじめ銀行から下ろして持っていきます。

現金を持ち歩いていれば、それだけ犯罪にあうリスクは高まる(日本ではそうでもないでしょうけど)わけですが、そのリスクを犯してまで現金決済にこだわるのには理由があります。

その理由は、お店側が喜ぶからです。

僕も昔は、外での支払いを全部クレジットカードにしようかなと思っていた時期があったのですが、ある時お店の人から「坂口さんはいつも現金で払ってくれるからお店としては凄く助かる」と言われたんですね。

「お釣り用意したり、領収証書いたりするほうが面倒臭くないですか?」って聞いたら、「決済手数料だけで人を1人雇えちゃいますから」と言われました。

確かに、僕が行くお店は1食2人で5万円以上するお店がほとんどなんですが、1回決済するだけで2000円持っていかれることになるんですよね。

その2000円でバイト代が払えてしまうということでしょう。

その当時の僕は、「クレジットカードで支払うとお金を使いすぎるから」という理由で現金で払っていたんですが、そのセリフを聞いてお店のためになるなら現金で支払い続けようと思ったんです。

もちろん、お店にとっては“ありがたい客”になるので、その分の優遇が得られるというのも現金決済をしている理由でもあります。

有名店では顔を覚えてもらうのも大変ですからね…。

ちなみに、僕自身もコンサルティングやホームページ作成サービスなどの高額サービスは、クレジットカード決済を導入していません。

それは、先ほどから書いているとおり、手数料があまりにも高すぎるからです。

下手したら、1回の決済で数万円とられます。

銀行に記帳に行って(今は入金したらメールで届くサービスがあるのでそれを使えば記帳すら不要です)確認してメールを送る手間を省くだけで、数万円払うのってバカバカしいですよね。

ここら辺の考え方は人それぞれだと思うので、参考程度に捉えてください。

実際にデートや接待の場だと、クレジットカードで支払ったほうがスムーズだったりもすることもあるので、ケースバイケースでいきましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

1980年千葉県生まれ。4年間会社員を経て独立。現在会社は10期目。仕事は個人店への集客コンサルティングがメイン。コンサルティング実績は、美容サロン、治療院、飲食店などで月商を数十万円~数百万円アップさせる。趣味は美味しいものを食べること、演劇鑑賞、プロレス観戦。