高円寺の整体院「ペルキュア整体院」大川雅由様「『文章上におかしいところはない』と言われるまでに上達しました」

お客様の声

クライアント名:高円寺の整体院「ペルキュア整体院」大川雅由様
サービス名:Effective Writing Master School

坂口さんが待望のライティングスクールを始める。これは絶対に申し込むべき。

けど大丈夫なのだろうか?あの坂口さんが、中途半端な物を用意しているわけがない。絶対に厳しいに決まっている。期間は3ヶ月。長い。

2ヶ月ならば自分もなんとかついていけるだろうが、3ヶ月・・・。1~2ヶ月でライティングが身に着くとは思えないので、この期間に坂口さんの姿勢を感じる。

本気ということなら、こちらも相応の覚悟で臨まなければならない。

ライティングが決して得意ではない自分。それよりも問題なのは、自分自身のやる気の問題。

売上が先月よりも上がると直ぐにやる気をなくしサボり癖を発揮。売り上げが先月より少ないと心が折れてしまいサボり癖を発揮。

坂口さんにもその辺は見抜かれていて、「どうか自分を奮い立たせて頑張って欲しい」と言われた自分でも大丈夫なのか??

ライティングも別のスクールで坂口さんから、日本語がわからない。文章がつながっていない、と度々指摘を受けた自分が。

とにかく理由をつけてはサボろうとする自分にできるのか、ライティングが不得意な自分が最後までついていくことができるのだろうか?自分にその覚悟があるだろうか?さらにメンタル面も弱く打たれ弱い自分が、最後までできるのか?

入会直前まで毎日、こんなことを思い悩んでいました。

けど、心の片隅で申し込まなければ絶対に後悔する。スクールに入らなかった3ヶ月後、自分はどう変化し成長しているのか?おそらくなにも変わっていないだろう、と。

今まで通りサボり癖を発揮し、きっと坂口さんのスクール入っておけば良かったと後悔している姿が目に浮かぶ。むしろ3ヶ月前よりも時間が進んだ分退化している。

こう思ってギリギリのタイミングで入会しました。

結論を言えば、このスクールには入るべきです。絶対に損することはありません。3ヶ月入らないほうが損です。

このスクールでリーダーライティングを学べば将来、集客上の大きな武器になります。それは身をもって体験しました。それだけでなくリーダーライティングを学べば文章を書くのが苦でなくなります。

自分寄りの文章を書いて、自分が来てほしいと思う人に来てもらう。こんなこともリーダーライティングを学べば可能です。

確かにワークは厳しいです。毎朝9時に送られてくるメールのプレッシャーも凄いです。今日はワークを休みます。この一文にほっとしたこともありました。

滅多にありませんでしたけど・・・。

けど、ワークをこなしていけば必ずライティング能力は上がります。まさに自分がそうです。それまで坂口さんから度々ライティングに関して注意を受けてきました。

しかし、ある課題で結構な長文のワークを提出した際、「文章上におかしいところはない」と言われるまでに上達したのです。

たった数ヶ月でここまで進歩したのです。俺すげぇと思ったのと同時に、凄いのは坂口さんだと気付きましたが(笑)。

以前は質問した際に「日本語がわからない」とまで言われたレベルの文章を書いていた自分を、数カ月でここまで書けるようにしたのですから。

自分ほどサボり癖のある人間は他にいないのではと常々思い、日本語がわからないと言われた程のライティング能力しかなかった自分でも、この講座のおかげでライティング能力が上がりました。(そうですよね?坂口さん。)

ライティングの向上に悩んでいる方は多いと思いますが、本気で向上したいのならやる気と勇気をもって申し込んでみてください。

大丈夫です。

スクール生の中でやる気もライティング能力も下から数えた方が早い自分でも出来たのですから。(できましたよね?坂口さん)

最後にこんな自分から一つだけアドバイスです。

入会後も不安がある方は、最初の動画を繰り返し見てください。それでだいぶプレッシャーがほぐれます。僕がそうでした。

では皆さん、3ヶ月間頑張ってください。

坂口のコメント

大川さんとは店舗集客マスタースクールからの付き合いで、当時の印象としては真面目に添削を受けている治療家って感じでした。

声で書いてくれたような、

・日本語がわからない
・文章が繋がっていない

という指摘をした記憶は全くありません。

というのも、この指摘はほぼ全員にしているので、よっぽど酷い人以外は僕の記憶に残らないです。

感想を読む限り、ライティング能力がないと思っていたみたいですが、たぶんスクール生の中で見ると、真ん中よりチョイ上だと思います。

大川さんが出来るというよりは、他の人が出来な過ぎるという感じですが。

大川さんの感想を読むと僕と凄く性格的に似ているところがあって、

————————————————-
売上が先月よりも上がると直ぐにやる気をなくしサボり癖を発揮。
売り上げが先月より少ないと心が折れてしまいサボり癖を発揮。
————————————————-

これなんかはまさにそう。

どっちに転んでもやらないみたいな(笑)

今、僕は「来月から本気出そう!」と思っているんですが、来月はさんま、栗、さつま芋、松茸、いくらなどが旬を迎えるので、それらを食べるスケジュールを組むので頭がいっぱいだったりもします。

たぶん、ほとんどの人が「はっ?」って感じだと思うんですけど、僕にとっては凄く重要な問題で、タイミングをミスったらどれかが食べられなくなって、もし食べられなかったら1年間待たないといけないわけです。

僕にとって、その1年間待つという行為は、売り上げが上がらないことよりもはるかに大きなストレスなので、そっちに優先的にリソースを割いているという感じですね。

僕はいつからこんな食いしん坊になったんでしょう(笑)

なんやかんやサボってしまう人って、↑の僕の例みたいに他人から見たらどうでもいいことなんだけど本人的には凄く重要なことをやっている人が多い気がします。

それをやることでバランスを取っているみたいな。

大川さんもサボり癖があるとは書いていますが、集客を頑張らないでやっている他のことがあるはずなので、別にサボりが悪いとは思いません。

ただ、売り上げを上げたいんだったら死ぬ気で集客活動を頑張らないといけない期間というのがあって、その期間は頑張るべきだと思います。

僕も会社員をしながら副業でやっていた時は、睡眠時間3時間くらいで頑張っていましたから。

このスクールとは関係ないんですけど、先日あるクライアントのお父さんが入院して、病院通いを余儀なくされている人がいました。

病院・実家・自宅・お店の行き来が始まって、お店が通常通り営業できなくなったと。

そのお店の客単価は5000~6000円くらいで、営業時間が12時間というハードワークのサロンなんですね。

ハードワークでやっと売り上げを保っていたという感じなんですが、それが保てなくなったと。

僕は彼女に、

・介護はいきなり来る
・介護が始まったら物理的に今と同じ感じでは働けなくなる
・だから客単価をあげたほうが良い
・客単価をあげるにはライティング力を身につける必要がある

というアドバイスをしていたんですね。

ただ、彼女はライティングの勉強(厳密にいうとリサーチ)から逃げ出してしまったんです。

それ以降は連絡を取っていなかったんですが、久しぶりに連絡がきて、いきなり親が入院して、労働時間が減り、それに比例して売り上げが減ったと。

僕はここまで見越してアドバイスをしてくれていたんですねと言われました。

別に見越してはいないんですけど、遅かれ早かれ誰にでもそういう状況ってくると思います。

↑の話は別に誰かに起こりそうとかじゃなくて、僕に実際起きた話をしているだけですからね。

僕自身が凄く苦しかったので、同じ想いをしてほしくなくてアドバイスをしているつもりなんですけど、それが伝わらずに逃げ出す人って結構います。

まーわからないんだと思いますよ。

僕も親が倒れなかったらライティングを勉強していなかったかもしれませんし。

だから別に、現時点で将来への不安が無いならやらなくてもいいと思います。

年齢的に近い将来介護が始まるのがわかっているんだったらやらない理由はないと思いますけどね。

今日紹介した自称サボり癖がある大川さんが頑張ったのも、将来、苦しみたくないからだと思います。

理解していない人が多いですけど、ライティング力が無いとかなり生きていくのが苦しい世の中になりますよ。

今現時点でもだいぶ差がついていますからね。

一時的にマーケティングの力で売り上げが上がったとしても、最終的には緩やかに売り上げが減っていきます。

そうならないために、しっかりとライティング力を身につけてください。

高単価のお店と低単価のお店の違いは技術の違いではありません。

違うのは技術を“伝える力”です。

大きくいえばライティング力が違うんです。

別に低単価でたくさんの人を相手にする薄利多売を否定はしませんが、長くできることではないと思いますし、少なくとも僕はやりたくないです。

お金だけ稼いでも、遊んだり美味しいを食べに行く時間が無ければ幸せを感じられないですからね。

ライティング力が上がれば、時間とお金以外にも色々なものが手に入ります。

個人的には時間でもなくお金でもなく、自信と心の余裕が手に入るのが一番大きなベネフィットかなと思っています。

自信を持ってビジネスをやっていない人は、ライティング力を身につけて少しでも自信をつけてください。

自信の無さというのはお客さんにも伝わってしまいますから…。

ABOUTこの記事をかいた人

1980年千葉県生まれ。4年間会社員を経て独立。現在会社は10期目。仕事は個人店への集客コンサルティングがメイン。コンサルティング実績は、美容サロン、治療院、飲食店などで月商を数十万円~数百万円アップさせる。趣味は美味しいものを食べること、演劇鑑賞、プロレス観戦。