何のために書くのか?

書くことの本質とは?

このページを読もうとしてくれているということは、おそらくライティング(文章術)に興味があるんだと思いますが、ライティングを勉強する時にまず考えなければいけないのは「なぜ書くのか?」ということです。

この「なぜ書くのか?(=書くことの本質)」を理解しないまま書くと、書かされている感がいつまで経っても拭えないので、結果的に書くのが苦しくなってしまいます。

お店を経営していると、

・ブログやホームページに載せる文章を書く
・店内に置くPOPの文章を書く
・お客様へ送るメールを書く

など文章を書く機会は色々とあると思います。

これらの「書く」という行為は、なぜ行っているのでしょうか?

世の中にはブログやホームページを持たないお店もある中で、あなたはわざわざ得意とは言えないであろうライティングを駆使して運営している(もしくはしようとしている)わけです。

その理由を考えてみてください。

「本質」という言葉の意味

おそらく、「自分はなぜ書くのか?」というテーマで考えた時に、真っ先に思い浮かぶ理由は「売り上げを上げたいから(or集客したいから)」だと思います。

これはこれで間違っていないと思いますが、「書くことの本質」とはちょっと違います。

「書くことの本質」と言うからには、世の中の文章を書く人全てに当て嵌まらないとダメですよね。

例えば、

・お母さんが子供に置手紙を書く
・恋人や片思いの相手に送るLINEのメッセージを書く
・取引先に送るビジネスネールを書く

なんかも書くという行動をとるわけじゃないですか。

これらの行動と、先ほどの、

・ブログやホームページに載せる文章を書く
・店内に置くPOPの文章を書く
・お客様へ送るメールを書く

という行動の全てに共通するような理由が「書くことの本質」になります。

当たり前ですが、お母さんが子供に「夕飯はオムライスを作っておいたから、温めて食べてね」という置手紙を書く理由は「売り上げを上げたいから(or集客したいから)」ではないですよね。

じゃあなぜお母さんは子供に置手紙を書くんだろうというのを突き詰めて考えてみてください。

人が何かを書く目的は1つ

「人がなぜ書くのか?」を突き詰めて考えていくと、1つに答えに辿り着くと思います。

世の中の人たちのほとんどが、書くことが苦手だと思いながらも毎日何かしら書いているのは、読んだ相手に「何かしらの行動をしてほしいから」だと思います。

先ほどの例で言うと、

・ブログやホームページの文章
→お店に来店してほしい

・店内のPOP
→店販商品を購入してほしい

・お客様へのメール送信
→時間通りに来てほしい、リピートしてほしい

・お母さんが子供に書く置手紙
→置手紙に書いたことを実行してほしい

・恋人や片思いの相手に送るLINEのメッセージ
→内容に共感して返信や電話などのレスポンスが欲しい

・取引先に送るビジネスネール
→問題ないか確認してもらい返事が欲しい

などが、相手に取ってほしい行動になると思います。

店舗の場合、この「相手に行動させる」のを意識して文章を書けば、何を書いてはダメなのかというのは簡単にわかると思います。

例えば、

・子供や家族の話
・何かを食べたという話
・自分が所属している協会やコンサルタントの話

なんかを書いても、読んだ人が来店したいと思わないことくらいはわかりますよね。

知らない人のプライベートなんて一切興味が無いですし、自分が悩んでいること以外の情報も興味が無いですからね。

これらの話を書かなくなる(すでに書いてしまっている人は全部消す)だけでも、その媒体からの集客率は格段に上がります。

一生懸命説明しても相手の考え方は変わらない

店舗の人たちが書く文章を見ていると、一生懸命説明して相手の考え方を変えようとしている人が多い気がします。

「東洋医学的には…」とか語りだしてしまう治療家や、最新のマシンや技法の凄さを語りはじめてしまう美容家はその典型的な例ですよね。

それらの話をすることによって、読み手側の考え方を変えようとしているんだと思いますが、残念ながら変わる人はほとんどいません。

自分事で考えてもらえればわかりますが、何十年間で培ってきた考え方や理念が、昨日今日出会った人が書いた数千文字程度の文章で変わるわけないですよね。

にもかかわらず、ほとんどの店舗経営者は相手を変えようと必死なので、集客に苦しむんです。

行動を変えるのは難しくはない

読み手側の考え方を変えるのは難しいんですけど、行動を変えるのはそんなに難しい話ではありません。

行動というのは、感情がまず先に働いて、あとから合理化されていくものなので、感情の動かし方さえ知っていれば、行動させるのは難しいことはでないんです。

読み手の感情を動かす方法は色々あるので追々公開していきますが、この記事では、

・僕らが書く理由は行動してほしいから
・読み手を行動させるには感情に訴えかければいい

という2点をちゃんと理解してほしいなと思います。

この2つは文章の力で集客するうえで、基本中の基本になる考え方ですから。

ABOUTこの記事をかいた人

1980年千葉県生まれ。4年間会社員を経て独立。現在会社は10期目。仕事は個人店への集客コンサルティングがメイン。コンサルティング実績は、美容サロン、治療院、飲食店などで月商を数十万円~数百万円アップさせる。趣味は美味しいものを食べること、演劇鑑賞、プロレス観戦。